それいけ!台パンマン パチスロ与太郎狂騒曲

周りの人が不快になるから台パンは迷惑行為なのか?

何度も言っていることなんですけど、パチスロなんて人がどう打とうが、その人の勝手。ただ、公共の場で周囲の人を不快にさせるのは、人としてどうかと思うわ。その一つが、苛起つ感情を抑えることができず、台にやつあたりする台パンという行為。

パチスロ台パン野郎

昨今のスロットは、バカにしてるのか?というような演出も多く、負けた腹いせに一発、というのも気持ち的に分からんでもないのですが、近くにいる人間からしたら、びっくりするので、ほんとやめてほしいわ。周囲に誰もいないときに一人でやれや。

台パン野郎を周りが内心、どう思っているのか

この前の連休、久しぶりに地元、三重県に帰省した。

やることをやって二日目の午後にもなれば、居心地がわるくなり、一人で外に出たのはいいが行先もなく、時間つぶしに大型チェーン店のパチンコ屋に久しぶりに入ってみた。

店内はさすがに新型コロナの影響と、今や斜陽産業となりつつある業界を表すかの如く、閑散とした様子。俺もこんな時期にくるとは大概だな、と思いつつスロット番長3の島に向かってみると。。。

10台あるものの稼働しているのは1台のみ。島の中央で、汚い恰好のガタイのいい茶髪の兄ちゃんが一人で格闘中。

こりゃ、いいわ。時間つぶしに好都合。のんびり打てるわ

ざっと島内を見渡して、ART終了後のベル回数80回ほどの角台に座り、打ち始めてみた。この台の初当たりは1回。ART6連の後、650ゲーム程のハマり台だったかと。

そんな台を、ちまちま打っていたわけですが。。。しばらくして、

■自分:番長3
■茶髪:番長3
□空き:番長3
□空き:番長3
□空き:番長3
□空き:番長3
□空き:番長3
□空き:番長3
□空き:番長3
□空き:番長3

なぜ寄ってくる?

いきなり隣に座ってきた時、びっくりして思わず、

「嘘やろっ」

声に出してしまった。こいつ、台のデータも見ていないし、ピンポイントで寄ってきたので一瞬、旧友か?と思ってしまった。

しかし冒頭で述べたとおり、パチスロなんて人がどう打とうが、その人の勝手。どの台に座ろうとも自由ですよ、そりゃ。でも、その台を選んだ根拠をほんと知りたいわ。

で、どうなるか。すぐに隣が当たり、ART頂ジャーニーへ突入。

やっぱり、そうなるよね。とりあえずこちらは最悪、天井まで連れていかれてでも1回は当てて、そそくさと帰ろっ。そう思ったわけです。

一方、隣の台のARTは単発終了。と同時に、

「ガシャン!」

あちゃ~、久しぶりに見たわ、台パン野郎。もう、台を移りたっ。ですが当たりが保証されている200ベルの天井を捨てるわけにもいかず。。。

そうこうしているうちに、天井も近づいてきたところで、またも隣が先にART当選。そして今度は対決演出で負けるごとに台パン、ART単発終了でまた台パン。こっ、こいつ、

俺を笑わしにきてるのか?

もう、ほんとやめてくれ。吹き出しそうじゃないか、いい年した大人が子供みたいで。

そんな隣の台をよそに、こちらは天井近くで、やっとART初当たり。ですが、そこから順調にARTストック、ボーナスの連鎖と続きまくる。

轟大寺からの温泉ステージに移行したときなんか、隣の台をみる習慣のない俺でも、こいつの顔を見てみたい衝動にかられてしまった。(絶頂はなし)

そんな連荘中の中、となりの茶髪はとうとう、通常時の対決演出で負けるたびに台パンするようになり。。。こちらとしては、面白さを通り越し、

こ・・こわい

そんな感情を抱くように。こいつ、頭、大丈夫か?

なのでART終了後、引き戻しの有無を確認だけして、すぐに帰ることに。結果1万ほど勝ちにて終了。数か月ぶりの時間つぶしのスロットだったのですが、思った以上に楽しめてしまった。

それにしても、強烈な奴だったな。
トナラーにダイパー。。。

データも見ずに適当な台に座り、感情を抑制することができず、バンバン叩きながらも止めることも出来ず、ずっとお金を突っ込み続ける。店にとって絶好のカモ客。さらに周りのお客から、哀れみの目で見られたり、小馬鹿にされているのを分かっているのか。

パチンコ店で目撃する台パンですが、不快に感じる方のほうが多いかと思います。ですが、こういう人間は、お店からしたら美味しい客とも言えるかもしれません。

そして、この手の客が負け続けることで、他の客への還元につながっていると考えると、不快感を多少なりにも和らげれることが出来るかもしれませんね。最後に、

台パンするなら、周囲に誰もいない時にするか、

一発で決めろや。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする