時の過ぎゆくのが、はやすぎて泣けてくる

すでに11月半ば。
あと1ヶ月半にて今年が終わってしまう。

年齢を重ねるたびに、時間がはやく
過ぎ去っていくような気がする。
これには、それなりに仮説があるようだ。

まずは、有名なのがジャネーの法則とういうやつ。
時間の心理的長さは年齢に反比例するという。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは、
人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間に
とっては5分の1に相当する。

よって、50歳の人間にとっての10年間は
5歳の人間にとっての1年間に当たり、
5歳の人間の1日が50歳の人間の10日となるという。

それならば仕方ないと思えないこともないが、
まだ他にも、その原因が唱えられている。
脳が処理する情報量によるというもの。

情報が多いほど、それを理解するのに、
より多くの時間が必要。その為、新しい発見に
多く出くわす若いときは、時間が遅く感じられる。

っという。

ほんとに、そうか?
これはいささか疑問を感じる。

今年は、何げに仕事の職種も変わり、
新しく経験すること、又、状況も多かった。

それに加え、毎日、仕事におわれ、
気が休まる日も少なかったし。

そう考えると、夢中になっている時間は、
時間が早く過ぎるように感じてしまう。
こちらにあてはまるということか。

いやっ、それとも、いつのまにやら、
それが、マンネリ化したということか?

以前にも経験したことがあれば、脳が懸命に働く
必要がないと考える為、処理速度が速くなり、
その分、時間があっという間と感じるという。

。。。。えーい、もう わかんねぇ。

とりあえず年々、年くったなーと
思わされることが多くなったのは事実。

ちょっとしたことで、体調くずれるし。

スポーツ界では、自分がテレビで観てた
スター選手が既に監督・コーチ陣だらけ。

ギャルものとして出演してた女優が、
いつのまにやら、熟女物にでているのを
観たときの衝撃っていったら、もう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする