パチスロ キャッツアイは甘くて勝てる!を実証できるか。結果は如何に

キャッツ・アイは勝ちやすい。今だけですがね。。。

7月につづき8月も、パチスロで好調が続いております。

先月の6連勝のあと、キャッツアイで二つの白星の積み上げに成功。

スロットキャッツアイ実戦結果その1

Sキャッツ・アイ 実戦その1

投資:21,000円
回収:43,000円

キャッツアイスロット稼働その2

Sキャッツ・アイ 実戦その2

投資:21,000円
回収:46,500円

原因は良くわかっているんですよ。

行ってるパチンコ店が、優良店。

ほんと、感心するほど。

このお店、キャッツアイをシマ単位で導入しているのですが、稼働はイマイチ。

そもそも、設定1でも機械割100%超えの触れ込みで登場した、キャッツアイ。

ですが、実際はカラすぎるとの声も多く、出率詐称とまで言われる始末。

で、人気もあまりないかと。

そこで、多台数を導入したホールとしたら、

・1日も早く機械代を回収してしまおう、とするか

・稼働と客帯率をあげようと、設定を使ってアピールするか

どちらかに分かれるかと。

で、後者のホールで遊ばしてもらっているのが、連勝の要因だろうと。

おそらくベース設定が高めなのでしょう。

なんせ毎回、かならず設定2以上の示唆画面がでよる。

そんな恩恵にあやかられる時期も、今だけだろうけど。


キャッツ・アイは勝てないと言われても仕方ない

平和がビタ押しチャレンジデータを公開していますが、

その数値が、52.18%。(7月)

これじゃぁ、実ホールデータとメーカー発表値との出率差がでるのは当たり前。

お客側からもカラいと感じるはずです。

キャッツアイのポテンシャルが、発揮できていないのが現状なのでしょう。

ただ、キャッツアイのビタ押しは、中リール青7中段。

見やすいこともあり、慣れれば成功率は自然に上がっていくはず。

成功率をあげることで、もともと甘めの機械割を体感できるかと。

打ち手によって獲得枚数が異なるのは、かってパチスロの魅力の一つだったはず。

そう考えて、キャッツアイを楽しむのもありでしょう。

えっ?

それ以前の問題?

キャッツアイは、面白くない?

退屈なんだよ 沢北

身もふたもない

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする