スロット キャッツアイ 悲しみがとまらない 6.5号機なのに不人気すぎて

Sキャッツ・アイ 人気なさ過ぎて、直ぐに撤去される?

8月になり、次々にホール導入となった6.5号機。

期待の新鬼武者2政宗 戦極も導入され、ホールの勢力図も大きく変わった中、

それでも打ちたいのは、キャッツ・アイ

っというわけで、夏季の長期休暇に入って、すぐに打ちにいってきました。

ホールに入店後、すでに盛り上がっている6.5号機をしり目に、

向かうのは閑散としたキャッツアイのシマ。

出来が良いとは私的には決して思えないが、世間が酷評するほど酷くはないよ。

「ATに入ってもメダルが全然増えない」

「AT中にメダルが減った」

そんなことを書かれているのを、よく目にします。が、

うるさいよ

そもそも、仕様を理解できていない感想が多いかと。

純増0.7枚のATって謳ってあるのにね。

この時点で、ATでメダルを増やす台ではないことは理解できるだろうに。

さて、開店30分後で誰もいないキャッツアイのシマ。

1台目でキャッツ目からのAT突入をスカして、早速2台目に移動した結果、


いつもより早めに投資がストップ。

その額18,000円。

幸い1,000枚以上のメダルを獲得できるATが2回続きまして、あとは余力で回し続けた結果、

最終的に3,000枚程の持ちメダルでフィニッシュ。

キャッツアイ スロット日記結果

投資:18,000円
回収:59,500円

これにて、7月からの連勝は継続。9連勝を達成!

今回も設定2以上の示唆画面は出ましたが、それ以上は出なかったな。

いやっ、今回はそんなことより、気になることがありまして。

それが、キャッツアイで見かけたパチスロキッズ、二人組の立ち回り。

まずは、隣の朝一台。

キャッツ目を引いた後、1ゲームも回さずスマホをモジモジ。

で、数分後そのまま、さらに向こう側の二つ隣の台に移動。

そこでまたキャッツ目を引いて、すぐにヤメていきよった。

そんなのが二人、他のキャッツアイの空台を全て、回していった。

何?この立ち回り。流行ってんの?

確かに、キャッツ目からの内部ボーナス消化中からのAT抽選。

低設定ならATに繋がる確率は低い。

ただ、2・3回外してからのキャッツ目ヤメなら分かる。

が、一発目で当否確認せずにやめるのかい?

設定の高低確認にも使えるのに。

まして、早めにAT当選したらAT待機中は、ベルナビ出てメダル微増するのに。

ん?また、なんか変なこと言い出してる奴がいるのか?

キャッツ目を引いたら即ヤメした方がいい。とか、

その方が、機械割が上がる。とか言い出しているのがいそうだな。。。

まさか何も考えずに、そっくりそのまま、

それらの言葉を鵜呑みにして、実践しているのだろうか。

だったら、そんな立ち回りするより、

もっと、いい方法があるから教えてあげたい。

それはね、

打たないこと。

そもそも確率からして通常時はボーナス引くより、

キャッツ目が先にくる割合が高いんだからさ。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする