ぱちスロAKB48 バラの儀式

現在、スロットをやることしたら、

ぱちスロAKB48 バラの儀式。

AKB48 バラの儀式

これしか触っておりません。

もともと、前作は結構な頻度でうっておりました。
打つ前は、かなり馬鹿にしてたわけですよ。
スロットで京楽、AKBの台。。。はぁ?ってな感じで。

しかし新台当時、目の前で3箱程度お持ち帰りの台が
空いたので、打ってみたら結構な枚数が出て、
しかも、いろいろ楽しめ、いい意味で驚かされました。

そんなわけで、今作のバラの儀式。
前作のゲーム性を踏襲したものの、ボーナス+ARTに変更。

導入前に話題となった、巨大なサプライズレバー、さらに
19インチ大液晶、超絶サウンドシステムとパチンコさながらの
役物、さらにミラクル導光板サプライズビジュン。。。

スロッターから敬遠される要素満載の台だ。

でも、これはそれが売りですからね。
AKB48を全面に打ち出すなら、液晶とスピーカーは仕方なし。
役物もいまのところ、壊れている台は目撃していない。
前作はちょこちょこ、壊れてたのあったので強化した?

まぁ、この台の導入は、2015年の11月ということで
今更、台のスペックは省略。

で、これしか打つ気にならないというのは、そこそこ
最近の台にしては、楽しめて打てる要素があると思う。

もともと好きなボーナス+ART。
そして事故要素有り。

ということで、ツボにはまれば、結構な枚数を獲得できる。
時間かかるけど。。。

神曲ラッシュのARTは、純増1.5枚ということで、はっきり言って
ボーナスが絡まないと枚数はしれたもの。まぁ、そのかいあって、
逆に大量ゲーム数が大きく乗る契機が多く用意できたということだろう。

楽しめる要素として

・設定判別の要素がそれなりに
まぁ、前作からありました、ボーナス・ART終了画面。
推しメンの左右の表示にて偶数奇数の振り分け率。

スイカ、弱チェリーの確率。REG中の共通ベル(右下がり)。
特定役(弱チェ、スイカ、単独)からのボーナス当選。
その他、いろいろありますが、これらにボーナス確率を
加味して、あれやこれや設定推測しながら打てる。

・ART初当たり確率は軽め。
これも、前作から踏襲してますよね。
BIG経由のART当選期待度が約50%、
REG経由のART当選期待度は約33%。

ART中のボーナス消化中、完全告知で行なっていると
ベルでの当選が意外にあることが分かる。

・ARTの大量ゲーム数獲得の契機、多い
ART中、BAR揃い・通常中のBAR揃い(共に1/16384)
のプレミアムセンターボーナス・スーパー48ボーナスは当然として、

じゃんけんBONUSからのダブル揃いのスーパーoverture。
ART中のボーナスからの超絶サプライズCOMBO

今回、新たに追加となった、下克上・てっぺんチャレンジ。
基本ART終了後のアンコールモードでのレア役からのMIX CHANCE。

ちなみにこのMIX CHANCE、最初の3G間の成立役でG数決定。
最低15G最高50G 。次の2Gで連打演出の継続率決定となるので、
振り分けではないとのこと。 完走すれば×20、最低×2。

これら多数あり、それなりに契機がおとずれる。

・サプライズレバー
導入前に物議をかもしたサプライズレバー。
その演出の発生率と信頼度のバランスは、なかなかのもの。

と、好きなところを語ってみましたが、
苦言もそれなりに言ってみる。

・ART当選・ART中の演出
ほんとこれなんだよな~、酷評くらっている原因は。

前作はボーナスの前兆だったスタンバイモード。
今回はARTの前兆としてあるわけですが、
さらに期待度があがるスーパースタンバイモード。

さらにさらに期待度の高いサプライズモード

もうね、これいらんだろと。
これらのせいでスタンバイモードが酷いこと。
期待度が上がる背景の色なんて、赤でも当たらん。

しかも、スーパースタンバイモードも結構な頻度で外れる。
ここが本機の最大のマイナス要素のイライラポイント。

そしてART中。
とりあえずレア役をひくと、必ず
ボーナス→特化ゾーンの煽りが入る。

ART中のボーナスなんて、すぐに種有り、種なしの
判断なんかできるわけだし、やたらの煽りはいらん。

・ボーナスが恐ろしいぐらい当たらない
設定1のボーナス合算確率が1/297.9
(BIG確率 1/512.0 : REG 1/744.7)

もうね、引けないときは恐ろしいいほどのボーナス間ハマる。
ARTの上乗せ特化ゾーンを、どれか省いて、もう少し当たりを
浅くしたら、よりよかったんじゃないの?

惜しいよな~。結構、細かなところまでAKBと絡ませて、
設定判別要素や演出つくってるのに。そう思います。

っと、以上、好き勝手、述べてみました。

ただ、昨今のスロットの中で唯一、休日にまったり、
自分が楽しめて打てる台となっております。

打ちながら設定予測し、上記に述べたARTゲーム数、
上乗せ特化契機がくるまで、ひたすら持ちこたえる。
それが、この機種というかART機の遊び方ですよね。

それにしても、これ以外は、ほんとに触っていない。
撤去されたら、もう本当に打ちたい機種が皆無となり、
スロットとおさらばということになるだろう。

既に導入から、かなり経過し、
設定も期待できなくなってきている。
人気もないし。台数もない。

いや、それでいいのだ。
俺、何言ってんだろ。。。

> スロットブログの村へ、どうぞ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする