Sキャッツ・アイ 完走!一撃2400枚を超えて、結果メダルは何枚でたのか

【Sキャッツ・アイ】やっとこさ6.5号機で初完走!

キャッツ・アイで完走した結果

差枚プラス、2400枚を超えての完走を達成!

完走後は、何故か泪ステージへ。

ここからまた、再度2400枚が狙えるということなのでしょう。

まぁ、良かったのですが、ただですね、

ATの残りゲーム数が、めちゃくちゃ残っとった。。。


キャッツアイの完走の要因は

キャッツ目からのAT当選が、途中まで3/3。

そして、設定2以上の示唆画面を確認。

これは、設定に期待できる!と打ち続けていたのですが、いつものように当たってはメダルは飲まれ、また当たっては飲まれ。

そんな繰り返しをずっとしていたわけです。

で、転機が訪れたのは、7度目のキャッツ目。

総投資は、ここまで38,000円。

これが、奪還作戦を経由しての発展先が、金扉からの

キャッツアイ 光の変奏曲をねらえ演出

光の変奏曲をねらえ

なにこれ、初めてみる演出だわ。

それが、ただのAT確定の演出と思いきや、

当選したのは、スーパーキャッツタイム。

スーパーキャッツタイムとは、1セット50G+継続ジャッジ5Gのセット数管理型の上位AT。AT50ゲーム内で、ボーナスに当選すればゲーム数を再セット。ボーナスに当選しなければ継続ジャッジへ。成功すれば継続にて、そのトータル継続率は80%オーバーを誇る。

そう、我が闘魂チャンスの期待枚数以上とのことだ。 アントニオ猪木(談)

「光の変奏曲をねらえ」演出は、スーパーキャッツタイム確定なの?

とりあえず、助かった。

自身、二度目のスーパーキャッツタイム。

期待枚数は1,500枚ということで、これで半分は取り返せる。ただ、

期待は、し過ぎるなよっと。

これが、その時の率直な感想。

1、2、そして3ラウンドと継続しても、ボーナスは引けず。

4ラウンドでようやく同色ボーナスを引っ張ってきたのはよいのですが。

やっとの思いで当選して、そのラウンドで終了する。それがパチスロあるある。

どうせ、それでしょ。っと思っていたら、ほんとにそうなりよった。。。

なので、残りATを消化したら切り上げようと思ったところ、その後は台が豹変。

AT中の1/99.9のボーナス確率を、50ゲームもかからず引き続けることができるようになり、

残りATゲーム数が、200・・・400・・・600。

そして、最終的に残りATゲームが、800ゲーム以上にまで到達。

で、完走することができました。

ATゲーム数、600ゲーム以上も残っとったで。

その後、少し様子をみて勝ち逃げしてきました。

総投資:38,000円
回収 :45,000円

もう少し回そうとも考えたんですが、隣が珍客でして。。。


その珍客というのが、

ボーナス中のビタ押しチャレンジで、自分で失敗するたびに台パンするという、

かって、見たこともないアホ。

こんなのが、まだいるんだよっ!パチンコ店ってのわ。

なので、写真は少なめ。

もうね、ただでさえ不快な台パン。

ましてビタ押しを要する台で、これをやられると邪魔で仕方ない。

自分ができないから、そこまで思考が届かない?いやっ、それ以前の問題だわ。

パチンコ店には、俺が知らないだけで、

他にも、いろいろ存在しているんでしょうね、

まだ見ぬ、強豪が。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする