借金をまた増やす。常に借金100万円の男

またもや借金を増やしたのですが、
これだけは、言っておこう。

スロットが原因じゃない!

うそをつくな

いや、ほんとに。
スロット行ってないし。

っていうのは、買い物をしたということ。

その買い物とは、補聴器。

以前より、母親の耳が遠くなり、
会話やテレビの音が聞こえず、
補聴器が欲しいといっていたのです。

本来なら、いい年した息子が、
年老いた親に買うのが当たりまえ。しかし、
全然お金に余裕がない借金持ちの身。

情けない。

そこで親自身で買うので、車で連れて行って
欲しいとのことで、同行したわけです。
わざわざ実家に呼び寄せて。まぁ、しゃあない。

ちなみに父は既に他界しております。

予算は20万円ほどを予定しているとか。

メガネ屋に連れていき、検査を受け、
補聴器の説明をいろいろ聞きながら、
あとはどれにするか。

補聴器といってもピンキリ。
価格も一桁のものから100万近いものまで。

とりあえず、現在の耳の状態から
店員おすすめの補聴器を調整してもらい
試しに着けてみたところ、違和感はあるものの

かなり聞こえはいいらしい。

いや~、今の補聴器って
自分が想像してたものと全然違う!

音を出すレシーバを耳の中に入れることで、
本体を小さく目立たなくしたものや、
本体をすっぽり耳の裏に隠してしまうものなど。

そして機能もすごい。周りの状況を自動判別。
音を精査し、必要な音のみ拾ったりとか。

まぁ、それらは高価なものほど優れており、
やはり、その機能は値段相応ですね。

で、あれやこれや実際に付けて、悩んで、
結局、40万弱の金額をお支払い。

予算以上の金額は当然、俺が。。。

でも、これは仕方ない。息子として、

出さないといけないよね。

カードで支払ったった。

そして現金20万は、親から受け取ったが、
月末の支払いには足りず、借金。

リボ払いにでもしようと考えましたが、
これ以上、リボ払いの残高は増やしたくない。

とりあえず、夏のボーナスが入れば、
今回の補聴器代は。。。そんな考え。

ほんと、お金がないと親孝行も出来やしない。

でも、これぐらい今にしておかないと、もう
親孝行できる機会も、そう多くないだろう。

補聴器をつけることで、聴力の低下を抑える事ができ、
さらに、耳から入る音の情報で認知症の防止にもなるという。
早く、購入すべきだったんだよ。。。今更ながら。

そんなわけで、借金は再び120万弱。

ワードプレスに移行後、借金の残高を計上してなかったので、
次回から計算、表記していこう。したくないけど。

現実から目をそらしたかった。。。

> そんなんだから、いつまでたっても借金100万円、借金ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする