借金あるのにスロットにいく心理

とりあえずパチスロ辞めて一ヶ月経過。

給料内で一ヶ月過ごす。その当たりまえの
ことを久しぶりにできたような気がする。
借金をする前は、こう過ごしてたんだよな。

借金を背負ってから、これができなくなっていた。
借金を返済したあと、給料内で生活はできるものの
常に生活費のことを考えて過ごすのが嫌だった。

そんな状況を打破すべく、どうせこんな状態が
続くぐらいなら、パチスロでお金を増やし、
余裕をもった生活を送りたい。

そんな思いもありパチスロを続けておりました。

しかし現在は、それを受け入れなければ。。。
借金がなくなるまでは余裕のない生活を
毎月、過ごしていかなければなりません。

当たり前だわ。
借金まみれ、借金地獄などの借金ブログ村

今月は、お盆休みがあり帰省する。
旧友たちと会うことになるが、
いつもなら待ち合わせがパチンコ屋。

まぁ、今年は友人たちが打ち終わった後に
合流することにしよう。もう、今のパチスロ嫌い。
打ちたい機種なんて、皆無だし。

いや、もうあいつらもパチスロに興味なくし、
低貸しのパチンコでお茶を濁すことが
ほとんどだったな。

そんな中、自分だけが躍起になって、
毎年、波の荒い機種を打ってたっけ。

適度に打って、その後、食事や飲み屋に
いく予定で集まってるのにも関わらず。

おそらく、みんな思っていただろうに。。。

なぜ、そこまで必死になる?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする