パチンコやめた。今の状況って、あの時を思い出すわ。

パチンコをまったくしなくなって、もう、かれこれ15年以上になります。

しかし、これでも昔はかなり重度のパチンカーでした。

それが、ほんとにやらなくなったわけです。

自分がパチンコをやってた当時、主流は確変継続率が1/3の2回継続。

確変のリミッター無しの爆裂機時代。

しかし、それらにハマることなく自分は、権利物・一般電役がほとんでしたが。

それが、1995年に射幸性が高すぎる!とのことで、新基準CR機が主流になっていくわけです。

連チャン率1/2の次回まで。
確変リミッター5回までというもの。

当時は、ほとんど権利物のミルキーバーばかり。

その為、それほど気にも留めなかったのですが、設置機種の割合が、徐々に新基準CR機へと。。。

一般電役は姿を消し、権利物も少なくなり、打ちたい機種が見当たらず、

惰性で打っていた新基準CR機。

演出の煽りが酷くなっていき、やっとこさ当てても連チャンの継続は1/2。

連荘は望めずのリミッター付き。

ヘソの釘が開き、回ろうとも、アタッカーからこぼれるまくる釘調整。

そんな釘、打つ前から見とけよっ!

て話ですけど、ほんと、そんな釘調整された台ばかりだったな。

酷くなっていくリーチ演出の過度の煽りと、その長さ。

なんか、打ち手をバカにしてる感をすごく感じ、アホらしくなってやめた。。。

今なんて、もっと酷くなってるんでしょ?

保有している保留の個数によってリーチ確率を変化させているなんて、そんな事ようやるわ。

これ、どこのメーカーがやりだしたのか、回らない印象を薄められる為、当時ホールは喜んだでしょうね。

そんなわけで、パチンコとは完全に決別できたわけですが、

その代わりにパチスロを始めた。

いやね、時代は万数という言葉が飛び交う、獣王AT創世記。

しかもちょうどその頃、三重県にも、ようやくスロットの導入が解禁となったものですから。

うんっ、そうですね。

逆にパチスロがあったから、辞めれたということだけかも。

ただ、そのスロットさえ現在は、パチンコ並みの役物と煽り演出。そして、出玉規制。

そう考えると現在の状況って、ほんとパチンコをやめた時と、よく似ている。

打ちたい機種がなく、惰性で打つ番長3に政宗。

そりゃ、パチスロに行かなくなるはずだわ。

後はパチスロに代わるものを見つけることができたなら、いよいよ、

さよならスロットということになるだろう。

大型連休を除いて。。。

愚か者の名を聞こう

そこは、自身なし。

ただ、今年のゴールデンウィークは、旅行に行ってきますがね。

お金ないくせに。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする