パチンコ・パチスロ業界は分からないことだらけ

今までで、
歴代最高のサッカー選手は誰?

の問いの答えは、
”今現在の最高のプレイヤー”
ということになるという。

技術的なものを含め、あらゆるものが
進歩してきていることから考えると、
そのとおりだと納得できないこともない。

で、これをパチスロ台に置き換えて同じように
ある人が語っているのを聞いたことがあるが、

人の考え方は、いろいろあるにせよ、
それは、ちょっと違うんじゃないかと。

型式によってその台の適合基準が、
バラバラなのだから、現在の最新のものが
最高ということにはならないと思われ。

筐体や視覚・聴覚への刺激的演出は、
確かに凄まじく発展しておりますが、
それが台の評価に直結しない。いや、

むしろそれらが逆効果になるのがパチスロだ。

大事な要素の一つとしては出玉要素。
現行基準しばりがあるため、
その外観的刺激要素だけが、どんどん進歩。

出玉性能はいったりきたり。

射幸性が高い機種が、ホール内を占めていくと
抑えられ、抑えすぎると緩和され。

お上の出方にその都度、対応するメーカー側は、
自業自得とはいえ、はたから観て大変だな~
とは思いますよ。

規制された後、少しの間はおとなしくしてるものの
しばらく試行錯誤した後、抜け道的な仕様を出す。
他メーカーも、それがいいのならと追随。

各メーカー、これでもかと競って、
少しづつ射幸性が高い機種となっていく。
そして怒られ、また規制される。

この繰り返しを、今までみてきました。

ですから、2017年10月から出玉性能が
制限された5.9号機に移行されても、
しばらくして、どうせ規制が緩和されるんでしょ?

そして6.0号機が登場して、
また同じようなことを
繰り返すんでしょ?

ねっ、そうでしょ、違うの?

一生やってろ!

射幸性が高いものが作られるのは、
結局はユーザー側がそれをのぞみ
それに答えてきた結果なんでしょうけど。

国がパチンコ・パチスロをギャンブルと
みなしておらず、あくまで遊技という建前と
体裁を守るため、射幸性に敏感な保通協。

カジノ法案の議論にて、パチンコ・パチスロも
ギャンブルじゃないの?なんてとばっちり
受けては、たまったもんじゃないということか。

三店方式の換金システムなど、
グレーンゾーンにて長きにわたり
構築してきた業界だ。

警察キャリアの天下り先、大きな利権。
そしてパチンコ業界の監督官庁は警察。

合法化なんかになり、お金の流れが
透明化されたら、さぁ大変ってことか。

メーカーだって、機歴という名の
抱き合わせ販売。大手メーカーが
率先してやるもんだから、タチが悪い。

こんなの通常社会じゃ、独禁法で
禁止されているんじゃないの?
いまいち、よくわかりません。

そして、それを受け入れざるを得ないホール。

こうみると、一般的な社会常識から
ほんと外れた業界なんだと改めて思います。

ホールだって、なんで自動販売機の
値段が150円もするんだよ!
って、こんなのどうでもいいか。。。

でも、あれって何故?
どういうこと?

まぁ、これらの事をわかっていながら、

パチスロ大好きです!

って言ってる自分。

うんっ、

おまえが一番、よう、わからんわ。

大好きスロットブログ村。同族じゃ~!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする