Sキャッツ・アイ これぞ甘い機械割、本領発揮か?

スロット キャッツ・アイを未だ打ち続ける理由

なかなかの酷い勝率となり、マイナス収支となった9月。

あいも変わらず、ガメラとキャッツ・アイのみの稼働だったわけです。

バラエティー行きしたガメラは、まぁ置いときまして、キャッツ・アイ。

キャッツ・アイ ビタ押しチャレンジ

設定ベースが、明らかに下げられとる。

ここ最近、設定1と思われる台しか打てておりません。

完全にホールから見切られおったわ。

まっ、お客からは、随分前に見捨てられとりますがね。

それでも打ちたい、キャッツ・アイ。

なんせこの台、1,000枚~2,000枚は比較的、出やすいですから。

時間はかかりますが。。。

6.2号機と比べてはどうかと思いますが、あの憎っくき番長ZERO。

1,000枚以上出すのって、そりゃ大変でしょ。

さらにAT機だけあって、設定1でも大勝できる可能性もあるわけです。

なので、今回も懲りずに打ちに行ってきたのでした。


今回のSキャッツ・アイ 実戦結果

6,000ゲーム以上、回した結果がこちら。

スロットグラフ

とりあえず、3,000枚弱のメダルが出たのが分かればいいだけのスランプグラフ。

これを見る限り、高設定っぽいですが。

おそらく設定は1だったと思います。

6,000ゲーム以上回して、設定2以上の確定示唆はゼロ。

AT終了画面は、通常と奇数示唆の警察画面ばかり。

ボーナス終了時のPUSHボタンボイスは、ほぼ「僕に任せて!」。

他、高設定示唆は皆無でしたので。

それでも、3,000枚近く出る。

これがあるんだよっ!キャッツアイわっ

投資:9,000円
回収:51,500円



今回のキャッツ・アイ「打-WIN」の実戦データ

初当たりのBONUS確率は、設定6以上。

それでも設定1だったと思いますよ。

スロット キャッツアイの打-WINデータ

最後の方は、ビタ押し失敗しまくり。

もう、目が霞んでボロボロでしたわ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする