やりおった!スロット5.9号機で純増5枚。ルパン三世 世界解剖

まさか、こんな方法を抜け道とするとは。

ARTやボーナスなど出玉のある区間、
そして、その潜伏をも含めるのが、
有利区間とよばれるもの。

この有利区間に制限を設け、
最大の獲得枚数を抑制。
光も希望の無いのが5.9号機。

それを、こんな方法で潜り抜けるとは。

まさに逆転の発想、目から鱗ですわ。
詳しくは下記動画で説明されております。

要は、本来の通常時にあたる遊技をボーナス中とし、
メダルは有利区間にあたらない通常時で増やす。
そんな、真逆のシステムということらしい。

この通常時にあたるボーナス中というのが、
メダルが減る仕様。そして出玉はMBで増やす。

そんなこと、よう考えたな。。。

これで、ARTが最大1500Gまで、
ART純増はボーナス込み2.0枚までという、一撃
3000枚規制にあたらないということになる。

しかも、制限のある有利区間を通常時?と
することで結果、天井も出来上がり!

まぁ、実際はそんな単純ではなく
細々したことをしてるようですが。

この仕様で実機の発売に至ったのが、
平和オリンピアというのが驚きである。

ってか、今のパチスロメーカーの開発に、
それほどの力があるとは思えんのだが。

どうなんだろ。
これ、どっか持ち込んだ?
何故、平和オリンピア?

そんな有ること無いこと
つい考えてしまう。

いづれにしても、凄いな。
このこと知った時、驚きというより
感動したわ。仕事人の発想力に。

只、これはあくまで1Gあたりの純増が増える
というこであって、出玉性能自体は。。。

やはり、低設定の出玉があるゲーム間は、
なかなか続かない仕組みになっている。

一撃で大量にでる爆裂台、
ということでは、なさそう。

しかしですよ、
1Gの純増があがるということは、
夕方からの短期間勝負なども可能。

又、6号機の規制緩和も相成って、
他メーカーも仕様を追随すれば、
ほんと、ゲーム性は大幅に広がる。

5.9号機の規制でできた有利区間。
それを逆手にとっての、この仕様。

おもしれぇ

以下、参考まで

ルパン三世 世界解剖

・ボーナス
BB 最大119枚獲得
RB 最大47枚獲得
不二子Z 最大106枚獲得→ヒーローズロード直行

・簡単目押しで14枚or15枚役が揃う出玉獲得区間ヒーローズロード
(カットイン発生時要目押しのMB)搭載 MB確率約1/1.7
規定枚数やゲーム数は無し

・スペック
ヒーローズロード突入/出率
設定1 1/283.5/97.3%
設定2 1/267.8/98.3%
設定5 1/249.1/104.2%
設定6 1/232.5/112.4%

納品開始予定:8月
販売目標台数:約10,000台

しかしながら、ホールに入った後の
稼働状況が気になる機種は久しぶり。

> 物事を多角的に考えられたら。。。借金ブログ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする