あまりにも無情、あまりにも非情な天井ストッパー

パチスロは基本的に完全確率抽選方式。

その台の現在の回転数によって、その抽選確率が変わることはない。

毎レバーオン!にて、同じ確率で抽選しているもの。

いつ、なんどき、誰の抽選でも受ける

まぁ、そんなイメージ。

うん、そんなこと知ってる。

そう、わかっている。

わかっているけど。。。

なんで天井前は、あんなに当たるん?

ぞくに言う、天井ストッパー。

擬似ボーナス、AT機の当選ゾーンが振り分けられているものは除きますよ。

北斗・転生。あれは、天井振り分け率は極小。そもそも、天井なんて到達できないわ。。。

スロ打ちの人間から度々、揶揄されるが、そりゃぁ天井前に当たることもあるわさ。そんなふうに思っておりましたが。

あまりにも天井到達ゲーム数まで、あと数十ゲームというところでのあたりを繰り返せば、不信感も募るってもんですよ。

特に天井の恩恵が大きい機種。

おまえらだよ、凱旋にハーデス。

天井まで、あと100Gぐらいに迫ると、急にレア役がポンポン出はじめて、

カキン!カキン!

うるさくなって風が吹きまくる。

今まではずっと、何を引いても反応なんて全くしなかったくせに。

当選をまぬがれても、お次は今まで何の役にもたたない下段黄7が、ここで連続でそろいはじめる。

黄7が2連した時点で、次ゲーム変則押しなんかしてたな。

凱旋なら、これにリプ連も参加。そして訪れるGストップ。

ハーデスなら天井前に訪れるヘルゾーン。

青ヘルでも、天井前なら、ここでの当選率は、何故か激高。

そんな数々の困難を乗り越え、天井到達ゲーム数まで、あと僅か。

残り30ゲーム程にせまって気持ちは既に天井到達。

っと気をぬけば、ここで絶望の

確定役降臨。。。

こんなこと、1回や2回ではなかったわ!

そんな、天井ストッパーのひとコマを。

あれはハーデス天井、1570Gにあと30G程と迫ったときだったか、やはり訪れるヘルゾーン。

この時、うひゃひゃひゃっと。おかしくなってヤケクソ気味の逆押し消化。

ヘルゾーン中は変則打ちでのGG当選の回避は不可らしいですね。この時、知らなかったわけです。ついでにペナルティ内容は、押し順ミスから5ゲーム、GG抽選なし。+天井ゲーム数がその分、伸びる。

そんな意味のない行為で、ヘルゾーンをやり過ごしたものの、ほんの数ゲーム後の天井ゲーム到達目前にての、突然のブラックアウト。

ええっっ!

さっきペナ打ちしてたけど、だっ大丈夫だよね。

この演出が出た時点で、ペナの影響はない?

よく知らんが、結果はセーフ。

どうやら、GG無抽選のペナルティゲーム数は、やり過ごしてた模様。

で、無事PGGの消化となったのでした。

よかった、確定役は確定役でも紫7じゃなくて。。。

台としては、

ん?まちがったかな・・・

そんな感じか?

常識では考えられない出来事、アンビリバボー。

あなたの身に起こるのは明日かもしれません。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする