負け額は大きいが、勝ちもデカいぜ。時代はAT機真っ盛り!2013年

スロット業界

2012年の後半から、AT機の人気が高まる。
短時間の遊技でも、出玉の獲得感があることが、
その理由だったのでしょう。

この年、その傾向はさらに強まり、各メーカー、
AT機を次々に販売。出玉重視のものから
そうでないものまで。2017年現在も、未だ
ホールで稼働中の台もあるのには驚きだ。

一方、店舗数に関しては減少となっていく中、
パチスロ自体の台数は、さらに増加。
新規オープン店舗の大型化が要因となった。

2013年の主な導入機種・打った機種

ゴルゴ13-薔薇十字団の陰謀-/攻殻機動隊
ミリオンゴッド-神々の系譜-ZEUS ver./AKB48
魁!!男塾-天挑五輪大武會編-/新鬼武者 再臨
アントニオ猪木が伝説にするパチスロ機/鬼の城
戦国無双2/戦国嵐-覚醒の章-/2027III /ラブ嬢
鬼浜爆走紅蓮隊-友情挽歌編-/忍魂弐~烈火ノ章~
北斗の拳 転生の章/緑ドン-キラメキ!炎のオーロラ伝説-
交響詩篇エウレカセブン2/花の慶次-これより我ら修羅に入る-
獣王-王者の帰還-/魔法少女まどか☆マギカ/吉宗(2013)

2013パチスロ主要機種

2013年スロット回顧

とりあえず、2013年の稼働遍歴を記憶のままに。

この年の前半は、2012年12月に導入された、
秘宝伝・太陽とバイオハザード5。

そしてこの年の1月に導入となった、
ミリオンゴッド、ゼウスVerを主に打っておりました。

その後は、新台が出れば、それらを打ち散らかす。
そんな感じだったかな。この頃に出るAT機って、
吸い込みは凄いが、出玉もそれなりに。

魁!!男塾-天挑五輪大武會編 
新鬼武者 再臨
そして北斗の拳、転生もこの年でした。

転生に関しては、今までの北斗シリーズの
ゲーム性を一新させ、初のゲーム数管理による
AT放出のあべしシステムを採用。

この新たなゲーム性に、導入当時は賛否両論。

こんなの北斗じゃね~。
北斗は、もうええわ。
おまえ誰?ガルダ。。。

そんな声も多く聞かれたが、
それが、まさかの意外や意外。

一般受けはしないだろうと、大方の予想を
くつがえし、長期稼働の人気台となるのでした。

その要因は、いろいろあるのでしょうが、
結局、スロットなんてもの、

でりゃいいんだよ、でりゃ。

そんなユーザーの声が聞こえるようでした。

自分も、導入当時は転生で、結構、
いい思いもさせてもらいました。が、

次第に勝てなくなっていき。。。

ある時、勝舞魂が40個以上たまって、
久しぶりに”これ、いつ終わるの?”
そんな感じを味わえるかと思えきや、

20連敗ぐらいを2回繰り返し、撃沈。
あまりのショックに、それ以後、
転生を打つことはなくなったのでした。

で、転生でのプラス分は、この後、登場した、
緑ドンのオーロラに搾り取られる。うん、
いつものパターンだな。

これら、投資額が大きくなりがちなAT機に
疲れはて、行き着いた先のAKB。

手頃な投資額にもかかわらず、
たまに跳ねるものですから、
AKBが登場してから、ほぼこればかり。

っといっても、新台が出れば、
とりあえず、それらも試し打ち。

擬似ボとはいえ、これがBIGボーナス?
そんな時代へ突入、エウレカセブン2

これじゃない感MAX、獣王-王者の帰還

そして世間的には、まどマギといったところか。
一度も打ったことね~けど。

この年は注目される大型版権も多かったが結局、
AKBに戻っておりました。そんな2013年。
それなりにスロットは楽しめてましたよ。

ホール数は減少となりましたが、まだまだ、
店もメーカーも、そして、お客も元気だったと
言えるのではないでしょうか。今と比べれば。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする