ART機はさらなるART特化型へ。しかし、足らんわっ。。。まるでっ!もっとメダルが欲しいんじゃ。2012年

スロット業界

パチ・スロ参加人口が前年比410万人減(24.6%減)と発表されたこの年、実質、イベント告知が禁止となる。

昨年にあたる2011年に通知された広告宣伝規制。周知が浸透しているとは思えないと判断され
行政から指導の再通知を受けたのでした。

又、稼働率の高さからか、20スロなど低貸し率でのコーナーが出来るなど、全国で、その傾向が目立ちはじめたのも、この頃かと。

一方、パチスロ台に関しては、ボーナス+ART、そしてART特化型へと、出玉の加速感が増し、徐々に高純増のAT機時代へ突入して行く。

2012年の主な導入機種・打った機種

鉄拳2nd/モンスターハンター/押忍!! 豪炎高校應援團/パイレーツワールド/バジリスク~甲賀忍法帖~Ⅱ/シンデレラブレイド/ドンちゃん祭/SLOT 牙狼-GARO-/聖闘士星矢
リングにかけろ1~ギリシア十二神編~/キン肉マン~キン肉星王位争奪編~/夜王
花の慶次~天に愛されし漢~/バイオハザード5/秘宝伝-太陽を求める者達-
BLACK LAGOONコードギアス 反逆のルルーシュ/スパイガール2/銀河鉄道999
麻雀物語2-激闘!麻雀グランプリ-

2012年スロット回顧

まずはこの年、導入となった機種で、触れなくてはならないのが、パチスロ鉄拳2nd。

パチスロでここまでするか?と思ってしまうほど映像に容量を使用し、度肝を抜かれた記憶あり。又、スロット台としても非常によく出来ておりました。

ART中の青7揃いから突入する「鉄拳アタック」。レバーオンで7が揃うたびに上乗せする、
0G連の初仕様。継続率は83%~95%。

鉄拳2nd

同様な、50G以上の上乗せの1G連の
「頭突きコンボチャンス」。

そして、なんといってもこの台最大の爆発契機。

プレミア的な位置づけのART「デビルラッシュ」。

消化中に、デビルラッシュ自体のゲーム数、鉄拳ラッシュのゲーム数、そしてストック上乗せ抽選とトリプル抽選を行う、破壊力抜群のART!

その期待獲得枚数は、なんと2,500枚という。自身も天井からのデビルラッシュにて、万数未遂の経験あり。

うん、面白い台でしたよ。確かに。
しかし、全てを台無しにしたのが、ケロット柄。

この、カエルの気持ち悪い柄を採用した、山佐の初めての台だったんじゃないですかね。

これがほんとに惨いものだった。いやっ、初めからそういうものだと思っていたら我慢もできるだろうが。当時は、各メーカーがこぞって独自柄を登場させており、どれも期待できるものでした。

その為、このケロット柄も、誰もが期待できるものだと。。。

しかし、これが、ほんとに酷すぎた。

発生率が無茶苦茶でしたからね。ほんと、ここまで外れるかと引くぐらい。

隣で打っていた、おじさんなんて、切れまくって、台パンしまくり。最後は呆れて、帰っていったな。それでも、2012年の前半は、このパチスロ鉄拳2nd。そして、モンスターハンター(ロデオ)、まったり打ちたい時は、銀河鉄道999をよく打っておりました。

中盤から後半にかけては、新台を触る→1度、大量メダルを獲得する。そして飽きる→次の新台へと。その繰り返し。この年の代表機種といえるバジリスクⅡでさえ、同様でした。

そして迎えた12月。
注目の2機種が導入になる。

5号機のART機初期における山佐の代表作にして名作の一つ、バイオハザードの後継機、

バイオハザード5

バイオハザード5

今作は本来の版権元であるエンターライズからの登場ということで、不安視する声も多かったが、それを見事に覆す、完成度が高い台だったのでした。

エンターライズなんて、カプコンが遊技機業界に参入するために作った会社ですよね。戦国BASARAがあったにせよ、この機種にて、ようやく多くのスロッターに認知されたんじゃないかな。

2012年の後半になると、とにかく高純増やら特化ゾーンなど、各メーカーが競い合うような
状態だったのですが、そんなの中に登場した、非常にバランスがとれた、まさに良台。

初当たりはそこそこ軽く、天井も低い。演出や上乗せの見せ方が逸材で、さらに、一撃性も備えていて大好物でした。

そんな、バイオハザード5と対照的なのが、もう一方の、

秘宝伝-太陽を求める者達-

秘宝伝-太陽を求める者達-

4号機のストック機時代。ほんとの高確率状態の採用にて人気を博した秘宝伝の後継機。
(封じられた女神に続いて)これが導入前、すこぶる業界での評判が良かったんですよね。演出面は当然として、ARTの純増枚数が2.8枚もあり、出玉感も申し分なしの尖がった台。

メーカーも強気の販売数。ホールもそれに応え、大量導入。しかし、その結果は。。。

打ち手の、通常時の苦行、ARTまでのハードルの高さによる苛立ちからでしょう、客滞率の低さへと。供給過多もあり、空台の多さが目立ちはじめ、不人気台の烙印を押されてしまう。

いわゆる秘宝伝ショック。

しかし、自身は好んで打っていました。ホールの導入数も多く、設定判別要素も有り、高設定を求めて、打ち散らかしていました。この台のART中のイケイケ感は、まぁ、凄かったですからね。

2012年は、自身が好きなARTが、いろんな仕様で次々と導入となり、正直、打つ機種には困らなかった。この頃に登場したART機は、強力な天井恩恵、ARTゲーム数の上乗せの特化を設けるのが、当たり前。

各社、その魅せ方・システムも、いろいろ試行錯誤して、取り入れておりました。

先にあげた鉄拳アタックの0G連や、シンデレラブレイド2 おしりペンペンタイムなど。
以降、同様なものが登場することになるし。

この他、演出面においては、液晶も大きくなり、グラフィック面においても向上。音や光、
役物ギミックが搭載され、ますますド派手に。

演出面における向上?が、著しかったように思います。

あと待たれるのは。。。そう、

さらなる短時間で、大量メダルを吐き出す台。

パチスロユーザーも、それをのぞみ、各メーカーも、それに向かいはじめた、そんな2012年だったように思います。

以上、新台に逐一、期待を寄せることが出来、スロットが、まだ楽しいものだった頃のお話。

只、ART機の純増は、それ自体の増加枚数を現す表記だったのが。。。

いつのまにやら、ひっそり、しれ~っと、ボーナス込に、すり替えられてたのも、
この頃なんだよな~。小賢しいわっ!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする