これでパチスロやめました。ミリオンゴッド-神々の凱旋が登場の2015年

スロット業界

遊べる5.0号機はどこえやら。
2万枚も吐き出すポテンシャルを
もつ機種も、ちらほらと。
来るとこまできた、出玉性能。
そのぶん、吸い込みも強烈だ。

そうして規制へと、いつもの流れ。
2015年11月に新基準に切り替わり、
最低出玉率が55パーセントとなる。

結果、主流だったAT・ART機は検定に通らず、
現行スペックの新規導入は終了。
再びパチスロ暗黒時代の扉が開かれた。

2015年の主な導入機種・打った機種

サラリーマン金太郎-出世回胴編-/アラジンAII/HANABI
麻雀物語3/BLACK LAGOON 2/ミリオンゴッド-神々の凱旋-
修羅の刻 /ゴッドイーター/バイオハザード6/北斗の拳 強敵
聖闘士星矢-女神聖戦-/ルパン三世 ロイヤルロード/リノ
AKB48 バラの儀式/スーパーブラックジャック2/花の慶次3

2015年スロット回顧

ハーデス成金をなしえた2014年。
この勢いをそのままに、このあとも気ままに
スロットを打っていけるものだと思っていました。
前半はよかったんですよ。
サラリーマン金太郎にアラジンAII。

どちらも大量導入にもかかわらず人気なし。
設定狙いには、もってこいの環境でした。

アラジンAIIは、あまりにもひどい単チェの
使い方で、ドン引き。外れまくる次回予告。
悪意あるとしか思えない、引き伸ばし演出。

かなり不評な台でした。

只、導入台数も多かったことで、そこそこ、
よさげな台をつかむことが出来、
大勝ちすることもありました。

しかし、4月の凱旋の登場で、一変してしまう。
初打ちでGODを引くが、きっちり5セット1500枚程で終了。
なんか、いや~な予感はそのとき感じたんですよ。

その後も、凱旋はよく打つのですが、
基本、大負け・しょぼ勝ちの繰り返し。

全然、勝てん。

しかし、凄まじく出ている台もみる。
いつか自分の番がくるだろうと、懲りずに
負けても負けても、引き続き打っていたんですよ。

結果、今までパチスロなどで浮いた金額を
別通帳に貯めてたんですけど、からっぽに。

しかし、懲りずにそれでも打ち続け、
とうとう借金してまで打つしまつ。ですが、

ついに、

ついにその時がきたのです。

赤7揃いのSGG。

EX行かずに赤7揃い12回と、
奇跡の引きを発揮。当然、
アメイジンググレイスも流れます。

どこまで連チャンするのかな?
もしかして、万数いっちゃう?

なんて思っていましたが、

消化中の黄7・5連で一つ乗せ込みの、

14連。

ほぼ赤7、揃えた分で終了。

ちょっとまってください

う、うそだろ。多少、ループとか
ひかかるもんじゃないの、普通。

それ以降、あまり打たなくなりました。

あとは新基準機として導入となった、
バイオハザード6。前機種がよく出来ており、
人気もありましたので、期待は高かったのですが、

小役の連続が熱かった前機種のゲーム性を、
新基準にて無理やり踏襲したら、どうなるか。

レア役合算確率は重くなり、
疑似遊戯にて補おうとしてもちょっと無理。
前機種のいいところは再現できず。

すぐに、打ち手から総スカンをくらいました。
それに加えて、シューティングバーストのしょぼいこと。
新基準機の先いきに不安を覚えたのでした。

そのあとは、適当に打ってましたね。

修羅の刻、ブラックラグーン2など。
しかし修羅の刻は、とてもじゃないが終日は無理。
ブラックラグーン2はきつすぎる。

そんな感じでなかなか、
打ち込む機種に巡り合えず、
いろいろ打ち散らかしておりました。

で、ようやく聖闘士星矢と
AKB48 バラの儀式が導入されて、
それ以後は、ほぼこの2機種。

しかし導入時は勝ててたものの、
しばらくして、負けが続くようになり、
台数も減らされ。。。

それでも他に打ちたい機種もなく。
ほぼ、どちらかを打ちつづけていました。
たまに懲りずに凱旋、時々モンハン月下。

この時点で借金は、60万ほどに。

聖闘士星矢とAKB48、両機種とも人気はなく、
設定も期待できず、台数も減らされる。

だめだ、このまま打っていたら、
負け続けるだけだ。しかし、
他に打ちたい機種もないし。

で、新台として入ったばかりの
ルパン三世 ロイヤルロードを打って、
あきれはて。。。

パチスロから距離をとろうと思い、
このブログを立ち上げる。
そんな2015年だった。

今でもスロットを楽しんでる方々のブログ。正直うらやましいわっ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする