どれだけ負けりゃ気が済むの?番長3 もはやトラウマ級

早いところでは明日の7月30日、
話題のスロット新台、
ルパン三世 世界解剖が導入される。

規制の隙間をついた仕様。
純増5枚クラスを実現した話題もあり
企画台数1万台は、完売したとか。

ですので、多くのパチンコホールで、
見かけることになるだろう。

まぁ自分は、何が何でも打ちたい、
という気持ちは皆無。機会があったらね。

そんな程度。

何故か?

それは、あくまで

5.9号機だから

以上。

純増が早いということですが、
出玉はあくまで5.9号機。

おそらく自分は、
満足できないと思われる。

今のスロットで、出玉・ゲーム性から
自分が満足して打てる機種といえば、

番長3と政宗2のみ。

もう、そんな状態ですから半年以上、
スロットから離れてしまっていました。

もうね、この2機種。
よく出来ていると思いますし、
爆発力もあるので、よく打ってましたが、

ストレスが半端ない。

とくに番長3。

番長3ではベルの引きが出玉に、大きく関わってくるのはご存知の通り。

ベル回数で天井や対決といった事を管理。
ART中でもセット数の上乗せには、
対決演出中にいかにベルを引いて、勝利に書き換えるかが重要になってくるのですが、

これが、ほんとベルが引けん!

例えば、ART中に対決演出に発展。

番長3の対決画面

対決突入時には、しっかり
意味のないベル・レア役を引く多さ。

そして対決中は、

リプレイ、リプレイ、そしてリプレイ

対決抜けの4ゲーム目は、ベル。

再び対決演出に突入。

リプレイ、リプレイ、対決抜けて

揃うのはベル。。。

再び対決演出に突入。

リプレイ、
リプレイ、
リプレイ、

対決抜けて

弁当。。。

アムロうつ状態

妖怪1ゲーム遅い。

それにもっとも遭遇するのが、番長3。

そりゃ、確率からいってリプレイが、
大方そろうのは、わかってますよ。

只、ベルを引くタイミングが
悪いほうに、あまりにも出来過ぎ。

そして、この後もずっと連敗し続ければ、
ストレスを通り過ぎて、恐怖さえ憶えたわ。

そして、スロットをセミリタイア。

スロットやめたきゃ、番長3がお勧め。
自分の不遇さを思い知らされる。。。

あっ、俺だけか。

> ルパン三世 世界解剖の初打ち情報もあるかと ブログ村 スロット情報

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする