また、スーパーキャッツ・タイム引いたった。Sキャッツ・アイ完走を目指した結果

Sキャッツ・アイ スーパーキャッツ・タイム(通算3回目)

Sキャッツ・アイ スーパーキャッツ・タイム引けた

また引けた上位AT、スーパーキャッツ・タイム

誰もいないキャッツ・アイのシマ。

そこで奮闘の末ようやく、これを持ってこれた。

投資7,000円で獲得したメダル。

そのメダルで、開店後からお昼過ぎまで粘ってたんですよ。

そこで、ようやく訪れた大量メダル獲得の契機。。。

毎度、ボーナス終了後のキャッツ・チャレンジ。

キャッツチャレンジ

何も揃わないハズレ目(1枚役)だったのに、プッシュボタン演出が発生。

おっ、異色ボーナス!

っと喜んで押したら、まさかの同色。

ケツが浮いたわっ!


こうして自身、通算3度目のスーパーキャッツ・タイム突入へ

50G・1セットの継続率80%オーバー。

50G内にボーナスを引ければ、そのセットはやり直し。

そんなST方式のATが、スーパーキャッツ・タイム。

期待枚数は1,500枚だとか。

ですが所詮、継続率80%。

そこまで継続に期待してはいけません。

スーパーキャッツ・タイム中、どれだけ1/99.9%のボーナスを引けるか。

メダル獲得枚数は、それ次第になるわけですから。

スーパーキャッツタイム突入

※画像は使いまわし

このATの継続抽選のタイミングは、おそらく突入時。

だって、消化中に画面右下の3姉妹のランプがレインボーに。

曲も変わって、継続濃厚演出がありますので。

で、この継続が確定しているセット内。

いかに複数のボーナスを引き、ループさせられるのか。

そして、どこまでATゲーム数を蓄えられるか。

それが、大量のメダルを獲得できるかのカギ。

ここを、どれだけ運よく出来るかがどうかなのです。

そして、

今回の結果は、

たいへんよくできました

完走直前ぐらいで、力尽きたものの、

なかなかの一撃での獲得枚数。

やっぱ、キャッツ・アイ最高だわ。

Sキャッツアイ完走直前

これで、あとの時間は至福のウイニングラン。

誰もいないキャッツ・アイのシマで、意気揚々と戯れる時間が過ごせる。

そう思っていたのですが。。。


誰もいないキャッツ・アイのシマで一人。

別積のメダルと共に気分良く打っていると、どうなるか。

音と光と、お金の匂いに敏感なのがスロッター。

まぁ、寄ってきますわね。

いつのまにやら、キャッツ・アイは満台へと。

自身の台は、おそらく低設定。

なので、他に高設定があるかも。

しかしながら、隣に座ったおっさん。

BIG消化中のビタ押し力が、凄まじい。

その都度、とんでもない力でストップボタンを押しとるわ。

振動がこちらの台まで伝わってくる。。。

ビタ押し力といっても、こちらの意味。

こんな目押しをするからには当然、ビタ押しは出来ていないわけで。

その苛立ちもあってか、その流れでレバーも強打。

ドコンッ!バァーン!

ほんと凄まじい。。。ヤバ目の方だわ。

自分の思い通りにならない為、物にあたる。

周囲の目とか、気にならないのかしら。

まるで、子供だな。

で、1時間たてば、このおっさんと二人だけのキャッツのシマ。

何故、こうなる?

相変わらず隣では、このおっさんの強打が炸裂しとるし。

嫌気がさして、自分もここで切り上げといた。

投資:7,000円
回収:56,000円

とりあえず今回の実戦で、スロット3連勝!

しかしながら、パチンコ店にいる幼児性の強いおっさん。

よりによって、隣に来なくていいのによっ。

やはり、類は友を呼ぶということなのか?

いやいや、過去を振り返っても、

台にあたって強打なんか、したことありません。

ただの一度もです。

周りに人がいるときは。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする