ほらよっ、またスーパーキャッツ・タイム。目指せ!完走のその先へ

前回に続いて、またまたスーパーキャッツ・タイム

先日の大勝で完全に調子に乗りまして、ええ。

またもや、Sキャッツ・アイを打ちに行ってきましたよ。

投資7,000円でボーナスを引き、後はちまちまメダルを増やしておりましたが。

何度目かのボーナス終了後。そのキャッツチャレンジ。

キャッツチャレンジ

1リール目を止めたときに、泪ねえがカットイン!

からの、リーチ目にて同色ボーナスをゲット。

今回は、リーチ目が出現したので心の準備ができておりました。

前回とは違います。

また、スーパーキャッツ・タイム引いたった。Sキャッツ・アイ完走を目指した結果
Sキャッツ・アイ スーパーキャッツ・タイム(通算3回目) また引けた上位AT、スーパーキャッツ・タイム。 誰...

そんなわけで、

スーパーキャッツタイム突入!

またまた、引いたった。

通算4度目。

この、上位ATスーパーキャッツ・タイム。

何度も説明するのも、めんどいので、

プロレススーパースター列伝 アントニオ猪木(談)

説得力が増す、こちらから引用しとく。

スーパーキャッツタイムとは、1セット50G+継続ジャッジ5Gのセット数管理型の上位AT。AT50ゲーム内で、ボーナスに当選すればゲーム数を再セット。

ボーナスに当選しなければ継続ジャッジへ。成功すれば継続にて、そのトータル継続率は80%オーバーを誇る。

そう、我が闘魂チャンスの期待枚数以上とのことだ。 アントニオ猪木(談)

前回は、完走直前まで迫りながらも、直前で失速。

で、今回は、どうだったかと言いますと、


スーパーキャッツ・タイムの結果

スーパーキャッツタイムの結果枚数

完走できました。

枚数は少ないですけど。。。

スーパーキャッツ・タイム中に蓄えたATゲーム数は、約500ゲーム。

完走できるか微妙なところ、何とか達成できた。

ただ、最後なんてボーナス中ではなく、通常のAT中にエンディングが発生。

純増0.7枚/GのATですよ。

完走の演出「最後のビッグゲーム」消化に、めっちゃ時間かかったわ。

さて、ここまで打って、キャッツボーナス中のキャラ紹介。

設定に期待できる示唆は、皆無。

しかし、この台の通常時に一度もキャッツ目を引いていない。

その為、潜入ステージをやっていないわけです。

時間はまだ、お昼過ぎ。

設定差のある、このステージの成功率を確認するまでは。。。

そんな思いと、

あわよくば目指せ!5,000枚という目論見で、そのまま続行してみたら。

まぁ、キャッツ目が引けないこと。

普段はキャッツ目を引いたら、テンションが下がるんですがね。

この時ばかりは、あのカットインを待ち望みましたわ。

キャッツアイ 悲しみのスロット日記 これが地獄のキャッツ目よ!
パチスロ キャッツアイ 実戦稼働 8月の夏季休暇で、連勝が途切れたスロット稼働。 ならば自身、抜群の勝率を誇るキャッツアイで再び連勝...

ようやく引けたのは、600ゲーム過ぎ。

3箱近くあったメダルも、既に1箱が崩壊寸前。

この、ようやく入った内部ボーナス状態。

なんと3度も潜入ステージに入るものの、1度もAT当選せず。

やっぱり、おまえは設定1。

なので、ここで見切りをつけること決定!


パチスロ キャッツ・アイ 今回の主な実戦データ

スロットキャッツアイのデータ

何気にキャッツチャレンジ中、もう一発ボーナス(異色)当たっております。

しかしながら、この時点でまだ夕刻なんですよ。

そこで、前から気になっていたハードボイルドのシマを見に行くと。

3台中、2台が空台状態。

データを確認してみると、ボーナス合算確率が良い方でも1/220程度。

スランプグラフは、マイナス域でほぼ並行状態で推移。

そんな低設定、濃厚な台。

ただ、もともとこの台の触れ込みは、周知のとおり。

BB中の技術介入で、設定1でも機械割が100%超え。

ならば、何とかなるんじゃない?

そんな甘い考え。

初打ちは、ここかなっと台を確保。

とりあえず、キャッツ・アイで獲得したメダル1箱をまずは交換。

投資7,000円ですので勝確としておきまして、

1箱と1/4箱程度の持ちメダルを持って、

いざ、ハードボイルド初打ちへ。

待ちに待ったハードボイルド。

ようやく打てるっ!

時は来た それだけだ。

ー次回へー

やっと打てたハードボイルド。初実戦の結果
今更ながら、待ち望んだハードボイルド ようやく初打ち 待ちに待った『パチスロ ハードボイルド』実戦。 Sキャッツ・ア...
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする